2007年06月16日

一年経って再び。

このブログ始まって一年経ちました。
適当な気分で書いていますが、見放さずに読んでくれている皆様、本当にありがとうございます。今後もこんな感じで綴っていくかと思いますので、どうぞ末永く宜しくお願い致します。

ということで、一年経って偶然にも建築家アルバロ・シザのネタに戻った。
現在、ギャラリー間で開催されているポルトガルの建築家アルバロ・シザの「アルバロ・シザの建築」展へ行ってきた。ギャラリートークがあるのでそれに合わせて行ったのだが、打放しコンクリートの塀に囲まれた中庭でスーパー炎天下の中、約1時間、体力を消耗しつつも、シザ事務所元所員の中村光則氏と戸室太一氏によるトークは、シザ氏の人柄、仕事の進め方、そして建築に対する姿勢等をかなりリアルな話としての聞けた。有意義な時間であった。日焼けもできたし…?
写真はシザ氏のデザインしたキャンドルとスタンド(現在は生産終了品)と2005のサーペンタイン・ギャラリーのパビリオンの模型です。

 07061601.jpg 07061602.jpg
posted by OGI at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | cafe | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。