2006年10月26日

国立新美術館

先日、とある機会から、来年1月開館予定できたてホヤホヤの国立新美術館の見学に行ってきた。かの黒川紀章さんの設計であるこの美術館は常設展なし、企画展のみという美術館。
個人感想を言うと、エントランスロビーの3層吹抜けといい、展示室のパーティション(一枚2.5t、大人二人で移動出来るみたい)といい、とにかくスケールアウトばっちりな美術館、そしてそのせいだろうか、膨大な量のガラスのルーバーにもかかわらず中に入ると意外にうるさく感じない、しかもロビーは外部との繋がりをしっかり感じる。黒川さんお約束の円錐もあるし、なかなか見応えのある建築だと思う。新制作展も来年からこっちに移るし、期待大かも。ちなみにロゴのデザインは「サムライ」こと、佐藤可士和氏です。

06102701.JPG 06102702.JPG 06102703.JPG 06102704JPG.JPG 06102705.jpg


posted by OGI at 21:04| Comment(1) | TrackBack(0) | ogi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。