2006年08月22日

青森2

青森パート2。
食について。これは満点だった。青森では市場の外の掘建て小屋で炭火焼きの鯛とその場でおばちゃんが握ってくれるおにぎりを買って、それを新聞紙に包んでもらい波止場で食す。なんとも贅沢なひと時か。しかも炭で焼いた鯛はとろけるくらいに美味かった。そして弘前では常寿司の12種類のネタを巻いたとんでもなくスーパーな太巻きをいただいた。あれだけのネタを一気に食べるなんてそうあったもんじゃあない。しかもただ太くてでかいだけじゃなく美味いんだ、ほんとに。シャッター押すことすら忘れて…心もお腹も満腹になれました。
そして、マイナスイオン。
今回はのんびり旅行というわけにはいかなかったけど、白神山地のブナの原生林、滝、生岩魚からしっかりマイナスイオンを吸収できた。さらに発見したこと。道中の車内でかけてたJack Johnsonの曲が緑々しい風景にやたらと似合う。不思議だけど、世界一クリエイティブな海の男が作った音楽が日本ののどかな山々と緑の青森には完全にマッチしてた。sanasi cafeでも是非一度。絶対に合う音楽のはず。
とまあ、そんなこんなで、今回は色々エネルギーを蓄えることが出来た良い旅になりました。
これで、今年の残暑はどうやら乗り切れそうです。
写真
1:炭火焼きたての鯛。これで¥250。
2:やっぱり青森といえばこれか。
3:世界遺産白神山地の暗門の滝
4:どデカイ酒造倉庫を会場にしたA to Z

06082206.jpg 06082207.jpg 06082208.jpg 06082209.jpg


posted by OGI at 02:45| Comment(0) | TrackBack(0) | cafe | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青森1

今年の残暑も厳しそうです。
少し前になってしまいましたが、盆休みを利用して帰省ラッシュの中、東北道をマイカー旅行で11時間。青森まで行ってきました。今回はうわさの県立美術館、三内丸山遺跡、鮮魚市場、白神山地、弘前市内、常寿司の太巻き、奈良美智+graf等を堪能してきた。
まずは建築。メインはこのブログでも前に紹介した青木淳&菊地敦己の青森県立美術館。
イヤ〜、どうだったんだろ?
正直なところ、県立美術館だけあって規模が大きい、人がたくさん、徹夜状態で頭が理解してくれない、アチ〜、などの要因から数年前のコンペから受けたインパクトは感じられなかった。動線の分かりにくさも目立って感じられた。トレンチ切土&盛土からなる噛み合わせの不思議な空間をもっと感じたかった(一応、明暗のつけ方や仕上げの分け方で外部のような空間を感じれるところもある)。などなど物足りなさが残る。同じ青木淳(磯崎時代)でも、水戸芸術館の方がいいな、などとも思ってしまう。逆に良かったところ…ん〜、シャガールの緞帳の迫力には感動。そしてその展示空間をしっかりと用意できたところはさすがかな、といった感じ。
ただ、それよりも今回見た建築では弘前市民会館に感服。あの造形力、シンプルなディテール、全てに渡って事細かなデザインの巧さ、こだわり。もちろん家具は天童木工。もう、見てるだけではもったいない、欲しいくらいです。
写真
1:青森県立美術館メインエントランス
2:同上サブエントランス3:弘前市民会館ホール
4:同上管理棟ラウンジ
5:弘前市役所屋上高架水槽棟

06082201.jpg 06082202.jpg 06082203.jpg 06082204.jpg 06082205.jpg
posted by OGI at 02:32| Comment(0) | TrackBack(1) | ogi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。