2006年08月28日

GDP2006

先日、知人が数人出展しているためもあり、グッドデザイン賞を見に行ってきました。
06082800.jpg
良くこの賞のマークは目にすることあると思うが、ステーショナリーから衣服、家電、車、建築など生活に関わるほとんど全てのジャンルで賞をおいてある。
膨大な数があって全部をしっかり見て廻ることは出来なかったけど、それでも学生のときに見た時とは違って、よりリアルにイメージできたことに少しだけ成長を感じた。宇多田のPVでおなじみのロボット『PINO』の母親?でもあるフラワーロボティクス代表松井龍哉の講演も聴いてきたし、良い刺激を受けました。
その中からピックアップ。
1:フラワーロボティクスの新作。エアラインのトータルプロデュース『STARFLYER』(飛行機からCI、制服に至るまで全てをデザイン。全てをたった4色のみで構成しているとのこと。ビジネスで使いたいね)
2:シンプルできれいな陶器。ではなく、実は陶器の写真をプリントしたロールスクリーン。あまりにきれいに写っているから一見分からないかも。。(ニッコー株式会社のもの。ちなみにこの会社はセラミック会社です)
3:ピンボケが残念だが、兼ねてから探し続けていたかっこいいティッシュケース。ようやく巡り合った。白と黒の2種類。(金山元太デザイン、CIBONEにあるらしい。早速行ってみないと)

06082801.jpg 06082802.jpg 06082803.jpg
posted by OGI at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ogi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

青森2

青森パート2。
食について。これは満点だった。青森では市場の外の掘建て小屋で炭火焼きの鯛とその場でおばちゃんが握ってくれるおにぎりを買って、それを新聞紙に包んでもらい波止場で食す。なんとも贅沢なひと時か。しかも炭で焼いた鯛はとろけるくらいに美味かった。そして弘前では常寿司の12種類のネタを巻いたとんでもなくスーパーな太巻きをいただいた。あれだけのネタを一気に食べるなんてそうあったもんじゃあない。しかもただ太くてでかいだけじゃなく美味いんだ、ほんとに。シャッター押すことすら忘れて…心もお腹も満腹になれました。
そして、マイナスイオン。
今回はのんびり旅行というわけにはいかなかったけど、白神山地のブナの原生林、滝、生岩魚からしっかりマイナスイオンを吸収できた。さらに発見したこと。道中の車内でかけてたJack Johnsonの曲が緑々しい風景にやたらと似合う。不思議だけど、世界一クリエイティブな海の男が作った音楽が日本ののどかな山々と緑の青森には完全にマッチしてた。sanasi cafeでも是非一度。絶対に合う音楽のはず。
とまあ、そんなこんなで、今回は色々エネルギーを蓄えることが出来た良い旅になりました。
これで、今年の残暑はどうやら乗り切れそうです。
写真
1:炭火焼きたての鯛。これで¥250。
2:やっぱり青森といえばこれか。
3:世界遺産白神山地の暗門の滝
4:どデカイ酒造倉庫を会場にしたA to Z

06082206.jpg 06082207.jpg 06082208.jpg 06082209.jpg
posted by OGI at 02:45| Comment(0) | TrackBack(0) | cafe | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青森1

今年の残暑も厳しそうです。
少し前になってしまいましたが、盆休みを利用して帰省ラッシュの中、東北道をマイカー旅行で11時間。青森まで行ってきました。今回はうわさの県立美術館、三内丸山遺跡、鮮魚市場、白神山地、弘前市内、常寿司の太巻き、奈良美智+graf等を堪能してきた。
まずは建築。メインはこのブログでも前に紹介した青木淳&菊地敦己の青森県立美術館。
イヤ〜、どうだったんだろ?
正直なところ、県立美術館だけあって規模が大きい、人がたくさん、徹夜状態で頭が理解してくれない、アチ〜、などの要因から数年前のコンペから受けたインパクトは感じられなかった。動線の分かりにくさも目立って感じられた。トレンチ切土&盛土からなる噛み合わせの不思議な空間をもっと感じたかった(一応、明暗のつけ方や仕上げの分け方で外部のような空間を感じれるところもある)。などなど物足りなさが残る。同じ青木淳(磯崎時代)でも、水戸芸術館の方がいいな、などとも思ってしまう。逆に良かったところ…ん〜、シャガールの緞帳の迫力には感動。そしてその展示空間をしっかりと用意できたところはさすがかな、といった感じ。
ただ、それよりも今回見た建築では弘前市民会館に感服。あの造形力、シンプルなディテール、全てに渡って事細かなデザインの巧さ、こだわり。もちろん家具は天童木工。もう、見てるだけではもったいない、欲しいくらいです。
写真
1:青森県立美術館メインエントランス
2:同上サブエントランス3:弘前市民会館ホール
4:同上管理棟ラウンジ
5:弘前市役所屋上高架水槽棟

06082201.jpg 06082202.jpg 06082203.jpg 06082204.jpg 06082205.jpg
posted by OGI at 02:32| Comment(0) | TrackBack(1) | ogi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

家電崩壊

ついにここまできたかと。
テレビに続き、デジカメが壊れ、さらにはこの暑さの中なんと冷蔵庫まで壊れてしまった…
しかも購入した冷蔵庫は色による納期の問題(黒を購入したんだけど)、かつこの時期は135L以下の生産が少ないらしく、納品が9/9になってしまうとのこと。
さすがに冷蔵庫のない生活はしたことない。未知の生活ゾーンに突入です。
とりあえずはロックアイスで涼をとるしかない。

一人で暮らし始めて10年目。
10年経つとこんなものか。
いろいろと「Re:」時かな。
posted by OGI at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ogi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

祝!OPEEEN!

本日、8月13日。快・快・快晴。

ついに来ちゃいました。
sanasi cafe オープンです。

06081301.JPG

昨日のパーティーも最高でした。
大工の佐藤さん、電気の宮下さん他職人さん達も訪れてくれて。
彼らには、厳しい条件のもとよくぞここまでやってくれましたと感謝の言葉しかありません。
sana共々本当にありがとうございます。

sanasi cafeでは、時間を気にせず寛いでいただく為、時計は設置しておりません。
その代わり、最高のトキを用意してお待ちしております。
近くに来た際にはぜひ立ち寄って素敵な時間を過ごしましょう。

06081302.JPG 06081303.JPG 06081304.JPG
posted by OGI at 09:32| Comment(4) | TrackBack(0) | cafe | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

ついに来ました。

sanasi cafeも紆余曲折あり、とうとうこの日がやってきました。
明日8/12、お昼よりオープンパーティー(現地にて)
そして明後日8/13、オープンです!!
営業初日です。
保健所の検査も無事通りました。

☆☆☆ sana、おめでとう ☆☆☆

あっという間だったと思うけど、本当にご苦労様。
長年の願いがついに実現だね。そしてこれからが本番です!
スーパー美味い料理と珈琲とジェラートと小ネタをいつでも出せるようにね。
sana自身が楽しんでいればお客さんも絶対満足する。
sanaの面倒見の良さと料理と口の腕前ありゃイケるさっ!!
がんばって行きましょう!

では、また明日。
posted by OGI at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | cafe | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

富士登山

先日、睡眠不足のまっただ中、富士登山を強行しました。
富士登山は2度目、前回は五合目から登って御来光だったけど、今回は企画しているワークショップの一環で、麓から、つまり0合目からの計測登山であり、10分おきにインターバル撮影、血中酸素濃度、気温、湿度、気圧の膨張率等の測定をしながら自分の足で3千なんたらmを登った。予想以上に時間を労し、約7時間押しで八合目。頂上でのご来光を断念し、八合目の山小屋からのご来光を望んだ。幸い、天気には最高に恵まれ、雲海から顔を出すお日サマサマの感動は格別だった。
ただし、やはり富士は日本一の山。登山には十分な準備で行きましょう。

写真は
1、麓の大鳥居(雲の上にうっすらと見えるのが富士の頂き)
2、雲海の中から見る太陽
3、御来光(何故かモリゾーとともに)
4、空と山路を突き刺す混合棒
5、雲海を眼下に乾杯(シャンパンでないのが残念なところ)

06080901.jpg 06080902.jpg 06080903.jpg 06080904.jpg 06080905.jpg
posted by OGI at 02:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ogi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

越後妻有トリエンナーレ

この前現場行った後、強行で越後妻有トリエンナーレに寄ってきた。
新潟の十日町、川西、松代、松之山、津南、中里といったエリアを中心としてトリエンナーレ、つまり3年期毎に開催される大地の芸術祭。2000年が第1回目、今年は3回目。そういえば3年前も強行で行ったな。世界中からのアーティストや有志の学生達の参加はもちろん地元住民も大いに巻き込んで、タイトルの通り大地、自然をテーマにした作品が街、自然の中に点在している。しかも一度参加された作品は永劫的に残る。今回の個人的なメインはフランスの建築家ドミニク・ペローの東屋、昭和女子大・杉浦研の作品といったところだった。どちらもエクセレントだった。ペローの東屋はアート作品というよりはかなり建設的でしっかりとした東屋だが、全面ミラー貼の屋根は蝶の羽を広げた形態で(水平ラインに対してランダムに角度を振っている)、軽く見上げるとそこには森の上に池があるという不思議な視界となる。
杉浦さんの作品はサンクン状の住宅用地の一角に莫大な量のレースを編み込んで空間を創り上げている。レース越しに空、樹木、人の気配等を知覚するというもの。室内では当たり前のものと感じるレースを壁、屋根といった外装として用いることでこうも変化をもたらすのかと感心した。
その他アウディでおなじみキョロロ(トイレの位置がナイス)や何故かこんなところに?突っ込んだミニトラックとかたくさんあるけど、長くなるのでこの辺に。

9月初旬まで開催されているから、お盆休みを利用して出かけれる人にはぜひオススメ。

IMG_2935.JPG IMG_6258.jpg IMG_6206.jpg IMG_6194.jpg IMG_6243.jpg IMG_6247.jpg IMG_6234.jpg
posted by OGI at 02:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ogi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

カウントダウン

前回の現場写真。
杉板と青空のコントラストがなかなかイケる。
2枚目はエントランスから。ほんとはエントランスまで杉板をグルッと巻き込みたかったけど、¥がね。。。でも当初より高さあげてるから意外大きいんだよ。
もう一枚は道中にある可愛らしいギャスタンク。

もういよいよ!
カウントダウンの開始!
8/13(土)プレオープン!!
8/13(日)オープン!!!
に向けて視界良好。
オープンパーティーに来れる人ふるって参加くださ〜い。
06080300.jpg 06080304.jpg 06080308.JPG
posted by OGI at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | cafe | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

現場

強行で現場に行ってきました。
ちょうど足場も取れて外装もあらわになり、あとは内装仕上げと外構だ。
もう直きです。もう直き。
補修カ所もいくつかあるけど、これはしっかり言って直してもらわないといけないね。
sanaはこれからオープン準備で忙しいと思うけど、勢いつけていきましょう!!

すんません、写真はまた後で載せます。
慢性的な偏頭痛になってるし、頭がまわらなくて…
う〜、とにかく「スイミン」というものが欲しい…

posted by OGI at 03:11| Comment(1) | TrackBack(0) | cafe | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。