2006年06月24日

建築、ふぐ、そしてポルト。

某設計の某見学会に行ってきました。
残念ながら写真は載せられないけど、可視光線スペクトラムをデザイン軸とし、壁、屋根の三方をスリットガラスでクルッとしたなかなかイケてる建築です。カラー蛍光灯や床Pタイル、前面ガラスのパッチワーク等、構造的にもかなり不思議な(これは行かないと分からないんだけど)造りになってます。

そして見学会後、ぐ〜ふ〜行きました。
ぐ〜ふ〜なんて2年に一度あるかないかだ。
皮刺し、ぶつ刺し、揚げ、焼き、てっちり、雑炊…そしてヒレ酒。
なんとも満足なぐ〜ふ〜づくしでした。

&、イベリア半島に旅に出ている友人からイキな絵はがきがポストに。
B6判書籍のブックマークに最適な形(大きさはコーヒー豆を参考に)。
これはポルトにあるポルトガルを代表する大建築家アルバロ・シザの美術館。
彼の建築は白色が多い、そしてシンプルでモダンな形態、おれ自身はまだ見たことがないけれど、印象としては空間をさっぱり醤油味でつないでいる作品が多いなという感じがする。
個々の空間はしっかりとしたボリュームがありつつそれらを構造体を隠した空間でさりげなくつないでいるというか、いい感じな建築家です。
とまあ、今回は少しだけまじめな記事を書いてみました。

06062301.jpg


posted by OGI at 12:24| Comment(4) | TrackBack(1) | ogi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。